Party Costume masquerade

コスプレイベントに関しての情報

ふと出かけてみると、あちこちでアニメやゲームのキャラクターになりきり、写真を撮っている人がいます。
そう、コスプレです。
およそ10年以上前では、一定の場所(東京ビックサイトや晴海埠頭等)でしか行われていなかったコスプレイベントがあちこちで開催されるようになってきました。
安価で手に入る衣装やウィッグ、機能性の優れたカメラが売られているのでどんどんコスプレを趣味にする人が増えてきて、単純に写真を撮ることだけでは満足せず、ゲームやアニメの雰囲気そのままの写真を撮りたいという人が増えてきたようです。
コスプレする人はファンタジーの世界感にふさわしい場所、近未来の世界などふさわしい場所を探します。
簡単に探す方法として、SNSがあります。
SNSでは、イベントの主催者が開催を告知しているので、専門のサイトでふさわしい場所選びをし、友人と予定を合わせてその場所へ出かけ、写真を撮るのです。
またそのSNSで同じジャンルの人を募って、この場所で撮影しましょうと呼びかけたりするのです。

コスプレイベントで大切にしたいマナー

コスプレイベントに参加する人には、暗黙の了解とも言うべきルールを守る義務が課されます。
しばしば2つのことが挙げられるので、まずは理解を深めておくべきです。
非日常感を演出する衣装に身を包んでコスプレイベントに参加している人の写真を撮影する際には、許可を得てからシャッターを切るようにします。
コスプレイベントでは写真撮影についてのルールが曖昧なままであることが珍しくないのですが、コスプレイヤーの許諾を得ることを前提条件とする慣例があります。
写真を不特定多数の目に触れさせることを考えているのであれば、被写体本人の承諾を得ることも忘れてはなりません。
撮影に応じてくれたからといっても、それを公開することについても認めているわけではないケースがあるからです。
被写体の許可なく写真を公開してしまえば、法律に反していることを根拠にお叱りを受けることになりかねません。
会場で写真撮影する際には、被写体の利益を害さないように注意を払うことが大事です。

pickup

キャビスパexの最安値店
http://www.forjapanwithlove.com/rev_cavispaex

2016/2/9 更新

Copyright (C) 2015 Party Costume masquerade. All Rights Reserved.