Party Costume masquerade

コスプレモデルって?趣味が仕事に?新たな発展

コスプレと言えば、日本では一般的に、アニメーションや漫画などの架空のキャラクターに扮したり、軍服や制服、はたまた和服など、実在の職業や歴史上の人物などの格好をすること、というイメージがありますよね。
コスプレをする人の事を、コスプレイヤー(レイヤーと略すことも)と呼び、第二次アニメブームと呼ばれた70年代から90年代にもそのような方々はいましたが、割とマイナーな趣味扱いで、現在はその頃とは比べ物にならないくらい、マーケットは世界的な広がりを見せているようです。
少し前までは、衣装代は自前、好きなキャラクターに扮したり、大勢の人が集まるコミックマーケットに行って、仲間を作ったり写真撮影をしたりされたり…と個人の趣味のように思われていましたが、最近、コスプレモデルという新たなお仕事ジャンルができつつあるようです。
志望者は、モデルを募集する事務所やメイドカフェなどに応募し、採用が決まると、様々なテーマに見合った格好をして撮影会のモデルになったり、雑誌や広告に出たりもするんだとか。
ギャラが支払われるお仕事として成立し、衣装代も会社持ち、なんてこともあるようですから、好きなことをして収入にも繋がるなんて、正に一石二鳥。
芸能界の新たなジャンルとして注目間違い無しですね。

コスプレモデルになるためには

コスプレは漫画やアニメと同様、一般的な趣味として認知されつつあります。
その存在をまったく知らなかったという人でも、テレビや雑誌などで取り上げられるにつれて、こういった世界があるのかと、受け入れつつあるのではないでしょうか。
コスプレのモデルとなるには資格などは必要なく、自分が装いたいと思ったキャラクターの衣装やメイクだけが必要になります。
これらの衣装やメイクもモデル自身が用意することが多く、手縫いで制作しているという人も多く存在します。
衣装を制作するだけの技術がなかったり、時間的に難しい場合には、コスプレ衣装の専門店などが販売しているものを利用すると良いでしょう。
手頃な値段で理想のキャラクターそっくりの衣装を販売している店もあり、予算や都合に合わせて購入することができます。
今の自分とは違う自分になれる趣味として、コスプレは楽しいものです。
キャラクターになりきって楽しむために、衣装を用意することもまた楽しみのひとつと言えるでしょう。

Favorite

最終更新日:2016/2/9

Copyright (C) 2015 Party Costume masquerade. All Rights Reserved.